展示会情報

IGAS 2018

IGAS 2018レポート(2) オフセットとデジタルが連携した工場全体の最適生産

A全判8色機による両面(4/4)LED-UV即乾印刷と、B2判インクジェットデジタル印刷機RMGT JP750による極小ロット印刷を組み合わせた、工場全体の最適生産を提案するデモンストレーションをレポートします。

IMG_0967.JPG

RMGT 920PF-8+LED-UVとRMGT JP750のツーショット


異なる社名が入った厚紙フォルダー100部とA4サイズ両面カラー16ページのパンフレット500部を短納期、しかも低コストで、という難題の解決がテーマです。RMGT製用紙搬送システムを搭載したRMGT JP750は高画質・豊かな印刷表現による極小ロット印刷という強みを活かして、社名や住所を名入れした厚紙フォルダを印刷実演しました。


IMG_0986.JPG

RMGTJP750のデモ直後に、お客様に囲まれたJP750や印刷サンプル



印刷直後の印刷サンプルをお客様の手元に運んだのは、人の後ろを追従して荷物を運搬する追従運搬ロボットです。日頃の印刷機展示会と違った展開に、お客様もびっくり!


IMG_0989.JPG

人を追従する追従運搬ロボットが印刷サンプルをお客様のもとに運ぶ



RMGTが2008年に世界で初めて発売したLED-UV印刷システム。インキの乾燥待ちやパウダーに起因する印刷トラブルから解放され、生産性が飛躍的に向上する「乾燥革命」が商業印刷分野で起きました。この動きを主導したのが世界的ベストセラー機A全判8色機RMGT 920PF-8+LED-UVです。
印刷準備同時並行処理、給紙エアプリセットという新機能により、さらに段取り替え時間を短縮して、2ジョブを一気に印刷完了しました。続いて、印刷品質管理システムPQS-Dのメリットを、ご導入企業様がビデオで説明されました。


IMG_1048.JPG

印刷品質管理システムPQS-D(I+C+R)を搭載したRMGT 920PF-8+LED-UV



同じように厳しい印刷品質の仕事に対して、極小ロットをデジタル機が、中規模ロットをオフセット機が担うことで、オフセットとデジタルが連携した工場全体の最適生産が可能になります。とはいえ、お客様としては印刷方式によって印刷品質がどの程度違うのか、とても気になります。オフセット機とデジタル機で同じ絵柄を印刷して、お客様にご紹介しました。


IMG_1054.JPG

オフセット機とデジタル機による印刷サンプルを見比べるお客様

このページの先頭へ