RYOBI


サイト内検索     サイトマップ
株主・投資家のみなさまへ
ホーム > 株主・投資家のみなさまへ > 経営戦略
このページを印刷する

経営戦略

< 前に戻る

中長期的な経営戦略と対処すべき課題

リョービグループが将来へ向けて成長・発展し続けるためには、競争力を強化し、 収益力を向上することが不可欠です。リョービグループならではの技術、商品、 サービスを提供し、それぞれの事業分野で一層存在感のある企業になるよう、 種々の取り組みを行っています。また、経営環境の変化に対応できる事業構造の変革、 海外生産体制の増強と先行投資の早期回収、営業力強化、原価低減、生産性向上を強力に推進し、 収益性を改善して安定した利益を出せる企業体質への転換をめざしています。

事業別の事業展開の方向性

ダイカスト事業
世界中の取引先のニーズに対応できる開発・供給体制のもと、卓越した技術開発力と製品提案力、 スピーディな対応力で、グローバルな自動車部品サプライヤーになることをめざしています。

日本、米国、メキシコ、英国、中国、タイに拠点を構え、世界トップクラスのダイカストメーカーとしての ノウハウを活かして、グローバルに自動車メーカーなどとの関係を強化しています。そして、営業力の強化、 価格競争力の強化、品質保証能力や生産性の向上などに取り組みながら、国内・海外での受注拡大を進めています。 ダイカストの主な需要元である自動車市場は、国内は中長期的に縮小が予想されますが、 海外は北米や中国等での拡大が期待されます。特に北米においては、投資収益性を見極めながら工場拡張や 生産設備の増設を検討していきます。

リサイクル性に優れたアルミニウムダイカストは、軽量かつ耐久性に富み、自動車の軽量化に貢献し、 省エネルギー・省資源など環境保全にも有効な技術としても注目されています。リョービグループは 高品質な製品、付加価値の高い製品の開発に一層注力します。特に自動車分野においては、 軽量化ニーズに応えるための工法開発を進めるとともに、パワートレイン部品以外の自動車部品(車体部品等) のダイカスト化にも取り組んでいきます。



パワーツール事業
ユーザーのニーズをより一層収集し具現化する商品開発力を軸に、「快適」にこだわった商品とサービスで 「選ばれるブランド」になることをめざして、ユーザー接点の拡大、販売力、商品開発力、製造力の強化に 取り組んでいます。軽量、コンパクト、使い心地のよさをコンセプトに、プロ用からDIY用まで幅広いユーザーの ニーズに合う、快適で付加価値の高い商品とサービスの提供を進めています。

また、海外での販売力の強化や中国にある製造子会社の生産性、収益性、品質の向上などの取り組みを 推進して、事業全体の収益力を高める体制づくりを進めていきます。



建築用品事業
国内ドアクローザ市場のマーケットリーダーとして、施工性や快適性向上を追求した商品開発と 事業全体の収益性向上をめざしています。主力商品であるドアクローザの機能性や意匠性をさらに追求して、 特長ある高品質な商品の開発に取り組んでいます。

また、中国にある製造子会社の生産性向上やコストダウンを推進し、国内のさらなるシェアの拡大と 海外での拡販を進めると同時に、中長期的に最適な生産体制についても検討していきます。




印刷機器事業
「ともに、世界へ彩りを。」をテーマに、独創的な技術をもとに、高品質な印刷機やサービスを グローバルに提供し、豊かな社会づくりに貢献することをめざしています。

小型から大型まで豊富なバリエーション(サイズ・機能・仕様等)を取り揃えるオフセット枚葉印刷機を 中心に、デジタル化に対応した商品や環境に配慮した商品を開発・製造し、国内および海外で幅広く 販売しています。また、当事業は、2014年1月に三菱重工印刷紙工機械株式会社とオフセット枚葉印刷機分野で 事業統合しましたが、その後、商品開発や製造、営業、サービスの様々な面で統合効果が現れてきており、 国内外で厳しい市場環境が続く中、安定した収益を確保できるようになりました。

今後は、商品開発からサービスまでの体制をさらに強化し、印刷業界との信頼関係を深めることに 注力していきます。