BUILDERS' HARDWARE
26/60

■ストップ解除状態26引戸クローザSLIDE CLOSER引戸クローザ■開閉様式■閉鎖様式点検口側から見て、ドアが右に開く場合が右引き、 左に開く場合が左引きです。●1枚のドアを開閉する、基本 的な開閉様式です。●2枚のドアが連動して左右 に開き、大きな開口を確保 します。引分連動二重引き右引き高速ドア低速ドア左引き高速ドア低速ドア左引き右引き●レールに3.5/300の傾斜を付け、ドアの自重で閉鎖する様式です。開力が軽いのが特長です。●ゼンマイ式の駆動装置がドアを閉じ方向へ引っ張る閉鎖様式で、確実にドアを閉鎖させます。レールに傾斜を 付ける必要がないため、レールの取付けは簡単です。傾斜式駆動装置付●全開位置でドアを停止するストップ装置です。●既存のSL-1,2シリーズへ後付けが可能です。●見付けの小さな上枠に対応したストップ装置が、オプションで設定 可能です(木製建具用)。●ドアを開いた際停止させたい場所で一旦ドアを止め、そのまま静か に手を放すと、ドアが停止します。●既存のSL-1,2(重量鋼製ドア用およびAQタイプは除く)へ 後付けが可能です。●レールとの設置角度を調整することで、保持力の調整が可能です。●ほこりの多い場所、水滴が付着する場所での使用は避けてください。●重量鋼製ドア用はほぼ全区間、その他は閉じ際250ミリの区間の閉鎖速度を制御します。●レールを外さなくてもラックの追加により制動区間は延長できます。●駆動装置をマイナスドライバーで操作し、ドアの環境に応じたトルクに調整でます。ストップ装置マルチホールドオープン速度調整区間トルク調整●急激な開扉を制御する機能です。●ドア開き方向へ強い力が掛かった場合やドアが乱暴な扱いで急激に開くことにより発生する、人身事故やドアの 損傷を軽減させます。●作動時にはドアが重くなりますが、故障ではありません。ゆっくりと押せば,ドアは開きます。バックチェック機能駆動式傾斜式速度調整トルク調整マルチホールドオープン付ストップ付■ストップ装置■ストップ状態片引き引分連動ST-110K付●2枚のドアが連動して1方向へ徐々に重 なりながら開く様式です。 戸袋スペースが大きく取れない場合でも、 有効開口を確保します。二重引きバックチェックB.C.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です