オートスイングヒンジ
7/76

ドアの吊込み前にドアへの補強ドアへの調整用窓の切欠きドアの開き勝手の確認受座の取付け7トップピボット(ドア側)用裏板本体取付用裏板トップピボット(上枠側)用裏板アール部吊元側ドア開き方向受座ドアアール部吊元側右勝手(右開き)ドア開き方向左勝手(左開き)トップピボット受座をスライドLR右勝手受座ドア開き方向ドア芯出し排煙ドア仕様(自動開扉)標準仕様(手動開扉)ドア開き方向R左勝手L型 番9mm以上9mm以上9mm以上●ご使用ドアのヒンジ部には右表の裏板(補強板)を取付けてください。L型受座用裏板4.5mm以上4.5mm以上3.2mm以上4.5mm以上6mm以上FR-8型FR-12型FR-14型FR-16型FR-22型FR-30型FR-50型FR-60Aトップピボット(上枠側)用裏板トップピボット(ドア側)用裏板本体取付用裏板●ドアの開く側に調整用窓の切欠きをしてください。(逆窓仕様の場合、切欠きはドア閉じ方向の面に設けてください。)●切欠き部は、トルク調整・速度調整後、付属の化粧ゴムプレ−トで目隠しをしてください。(FR-60Aは、トップピボット調整用穴も必要です。ドア吊込み後、お得意先にて手配していただくカバーで目隠しをお願いします。)●ドアへの切欠き寸法及び化粧プレ−トカバ−の詳細は、P27をご参照ください。速度調整孔速度調整孔用化粧ゴムプレートスプリング調整窓スプリング調整窓用化粧ゴムプレート●ドアの開き勝手を機種表示シールで確認してください。(P4をご参照ください。)左右勝手表示●受座は必ずドアを閉じた時にアール部が吊元側になるようにしてください。●受座とトップピボットが同一鉛直線上になるように受座をスライドさせて芯出しをしてください。芯出し後、受座は強固に溶接をしてください。●受座はドアを閉めた時にドアと平行に、また床と水平に取付けてください。L型スライド受座フラット受座

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る