ファイアマン
15/16

15取扱上の注意事項 ●機種の選定は、ドアの大きさや質量のいずれか大きい方によって選定してください。ただし風当たりの強い場所  には、1番手大きい機種をご使用ください。 ●適用ドアサイズ以外には使用しないでください。完成後、別途「鏡板」等の貼り付け、加工等を行う事で、適用ドア サイズを超えないように周知徹底をお願いします。 ●本品はスチールドア用です。スチールドア以外に使用される場合には、個別に防火認定試験を実施してください。 ●ドアサイズが特殊な場合の機種選定は、最寄りの営業所へお問い合わせください。 ●取付位置は、納り図に従って的確な位置としてください。(ドアの切り欠きも含む。) ●取付部には、厚さ4.5mm以上の裏板を取付けてください。 ●戸袋納めのドアに取付けの場合、ドアの戻り代がありますので、戻り代を考慮して戸袋を深くしてください。 (FMR-02Lを除く)   戻り代  90゜の場合は、ドア巾×(4/1000)       180゜の場合は、ドア巾×(25/1000) ●ストップ後の開き角度の余裕は約2゜です。故障の原因となりますので、それ以上は押し開かない様に、必ず戸当りを 設けてください。(FMR-02Lを除く) ●本品は精密加工品ですので、落としたり、強くたたいたりしないでください。 ●本品に水、雨などをかけないでください。 ●トラックレ-ル内に粉塵等が入ると異音が発生する恐れがあります。工事中には、粉塵等が入らないようにマスキ ングを行うか、粉塵等が舞っていない竣工間近の取付けをお願いします。 ●リ-ド線の長さは300mm(FMR-02Lは150mm)です。トラックレ-ル内にリ-ド線を束ねて収容しないで、適当な 長さに切断して結線してください。 ●結線後、トラックレ-ルを上枠に、ドアクロ-ザをドアに取付けてください。(ドアクローザ付きの場合) ●取付け後、正常に作動するかどうか、必ず確認してください。 ●耐久性能 : 電気作動(定格電圧24V)の場合1,500回、手動開閉10,000回 ●有事の安全の為、ラッチの開錠動作は入念に開閉フィ-リングをご確認ください。  (特に確実に閉扉するかどうかの確認及び開扉に支障がないかどうかの確認はお願いします。)  開閉フィ-リングに異常が現れた場合、メンテナンスを専門業者へ依頼してください。 ●ストップ保持力が弱くなった場合、小さなショックでドアが急に閉まってきます。指を挟まれたり、接触事故が起こる 可能性がありますので、早急に調整又は取り替えをお願いします。 ●摩耗や焼き付け等で正常な作動をしなくなった場合には、防災上危険ですので、早急に取り替えてください。 ●防災上の安全の為、保守点検を必ず行ってください。   1.機器点検:1-1 点検時期: 6ヶ月に1回以上          1-2 点検項目: ネジのゆるみが無いかどうか                    ストップ保持力が正常かどうか                    ラッチの動作確認                    ドアの開閉フィ-リング   2.総合点検:2-1 点検時期: 1年に1回以上          2-2 点検項目: 通電テストによる正常作動の確認

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 15

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です