ファイアマン
5/16

●まず第1速度の速度調整から始めてください。  最適の第1速度が得られた位置で止めてください。  (第2速度との関係で速度調整弁のドライバー溝を垂直または 水平位置に止めることは避けてください。) ●つぎに第2速度の調整を行います。  第1速度調整後、速度調整弁を90゜以内の範囲で回転させると、  第2速度の調整ができます。  第2速度調整はドライバー溝を垂直位置に近づけると速くなり、  水平位置に近づけると遅くなります。  但し、ドライバー溝を垂直または水平位置で止めることは避けて ください。 ●第1速度、第2速度、ラッチングアクション及びバックチェック力をそれぞれ独立した調整弁を操作することによって、  任意に調整することができます。 ●第1速度、第2速度の調整をそれぞれ独立した速度調整弁で操作  することによって、任意のスピードに調整することができます。 ●第1速度、第2速度の調整を1つの調整弁で行うことができます。 ●ラッチングアクション、バックチェックはありません。 ●ラッチングアクション、バックチェックはありません。  遅くなる (水平方向)  速くなる (垂直方向)  速くなる (垂直方向) 垂直位置 水平位置 速度調整弁 速く 遅く 速く 遅く 速く 遅く 12第2速度調整弁 第1速度調整弁 速度調整方法 1000シリーズ仕様全機種 80シリーズ仕様(サイズ3番と4番の機種) 80シリーズ仕様(サイズ5番の機種) 5第1速度調整弁 第2速度調整弁 速く 遅く 速く 遅く 速く 遅く ラッチングアクション 調整弁 バックチェック調整弁 弱く 強く 123

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です