扉閉鎖順位調整器
3/4

3先閉めドア ● エアータイトゴムの関係で本図の位置に取り付けられない場合、別途納り検討が必要です。 最寄りの営業所へお問い合わせください。 ● JC-25C、JC-35Cの納りへ 取付ける場合は、本体に第2アーム を取付けせずにご使用ください。 ● 点検口用閉鎖器と併用する場合は、 点検口用ドアクローザをご使用くだ さい。扉閉鎖順位調整器(格納型)JCN-250C・JCN-350C●本体を上枠に取付後、アームの支え角度が85°〜88°になるように調整してください。●アーム角度調整ネジを右に回すとA方向に、左に回すとB方向にアームが動きます。平面図側面図(例1)側面図(例2)●アームの角度調整●第2アームの取付後閉めドアDW(後閉めドア)DW(先閉めドア)召合せ中心JCN-250C:260JCN-350C:360アーム角度調整ネジ第2アームアームJCN-250C:R250JCN-350C:R35085°〜88°に調整してください89(切欠)8815158401010201025519276○+ナベ小ネジM5×10ℓ裏板4.5t以上3以上1.0157.525510後閉めドア裏板4.5t以上103以上151.07.525注)コンシールドドアクローザと  併用される時は、ドア側の切欠を  逃げた位置に取付けてください。先閉めドア●アームの角度調整後、下記手順で取付けてください。最も外側の穴は使用しません1.第2アームを本体の φ10穴にはめ込みます2.第2アームの突起をアームの溝部にはめ込みます※第2アームを無理にC方向に起こさないでください第2アームC溝部本体アーム角度調整ネジアーム角度調整ネジB方向B方向B方向A方向A方向A方向目板をカットしてください○+ナベ小ネジM5×10ℓコンシールド用切欠5目板をカットしてください先閉めドア後閉めドアφ24

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 3

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です