RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品


ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > コンシールド ドアクローザ > 調整方法

このページを印刷する

お客様サポート < コンシールド ドアクローザ >

< 前に戻る

調整方法

速度の調整方法

ドアの閉じる速度には、速度区間があります。
詳しくは「
コンシールド ドアクローザの速度調整機能」をご覧ください。


コンシールド ドアクローザの本体にある速度調整弁を回して調整します。
速度調整弁の位置は、コンシールド ドアクローザの種類などによって異なりますので、下記の図解でご確認のうえ調整を行ってください。


ご注意

速度調整弁はプレートから突き出さないように注意してください。プレートから突き出すと弁が抜けて、油がモレます。

速度調整区間



速度調整弁



COU-52, COU-53



COU-54



CO-55, CO-56, COB-50V





バックチェック作動区間



バックチェック調整弁



CO-55, CO-56, COB-50V





ストップ装置の調整方法

ストップ角度の調整



ストップ金具の取り付け位置を変えることにより、ストップ角度の調整ができます。
調整角度範囲は機種により異なります。WEBカタログにてご確認ください。
ストッパーの場合 ( ストップなし ) は、制限角度となります。


ストップ金具・ストッパー取り付け位置

ストップ保持力の調整



調整ナットを回してストップ保持力を調整できます。

調整の目安



型番 調整範囲(kg-m)
COU-152 0 〜 3.6
COU-153 0 〜 3.1
COU-154 0 〜 2.7
CO-155 0 〜 3.7
COB-50V


開閉力(トルク)調整方法 ( COB-50V )

ドアのサイズや重量、環境に適した開閉力(トルク)を得られる装置です。
トルク調整軸を回転させるだけで、サイズ2番から5番までのドアに調整することができます。
トルク調整軸はあらかじめ1050×2400mmのドアサイズに調整されておりますので、取り付けるドアのサイズなどに合わせて調整してください。
トルク調整軸は開閉力を強くする場合は時計回りに、弱くする場合は反時計回りに回転させます。
トルク調整軸は、回転数の範囲を超えて無理に回さないでください。故障の原因になります。



適用ドアサイズと調整軸回転数

適用ドアサイズ トルク調整軸の回転数 トルクを最小にした場合の回転数
巾×高さ(mm) 重量(kg)
900×2100 45 -6回転 7回転
950×2100 65 -4回転 9回転
1050×2400 85 0回転 13回転
1200×2400 120 8回転 21回転