RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品


ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > コンシールド ドアクローザ > 基礎知識

このページを印刷する

お客様サポート < コンシールド ドアクローザ >

< 前に戻る

基礎知識

コンシールド ドアクローザとは

ドアクローザは、開いたドアを安全な速度でスムーズに確実に、そして静かに閉める装置です。

コンシールド ドアクローザは、本体がドアまたは上枠の中に格納されています。 そのため、ドアの表面に取り付けるタイプのドアクローザにくらべ、ドアの外観がすっきりしています。

ドアクローザは、くらしごこちに貢献しています。
安 全 ケガや事故防止ができます。
快 適 ドアの開閉がスムーズです。
確 実 ドアの閉め忘れがありません。
静 か ドアが静かにゆっくりと閉まります。
省エネ ドアの閉め忘れがなく、経済的です。

コンシールド ドアクローザのタイプ

「標準取付」と「逆取付」があります。



▲標準取付
ドアクローザの本体をドアの中に格納して取り付けるタイプです。上枠にはレールを格納します。

▲逆取付
ドアクローザの本体を上枠に格納して取り付けるタイプです。ドアにはレールを格納します。

ドアの開き方向基準

ドアの勝手(開き)には、右勝手(右開き)と左勝手(左開き)があります。

右勝手(右開き)

 ドアが時計回りで開きます。
 ドアを押す側に立つと、蝶番が右側にあります。

左勝手(左開き)

 ドアが反時計回りで開きます。
 ドアを押す側に立つと、蝶番が左側にあります。


左勝手(左開き) 右勝手(右開き)

コンシールド ドアクローザの寿命

スムーズ、確実、安全にドアを閉める装置「コンシールド ドアクローザ」にも寿命があります。


コンシールド ドアクローザが寿命を迎えると、
「ドアクローザから油が漏れている」「ドアがバタンと閉まる」といった現象が起こります。
このような状態のドアクローザは、本来の速度調整機能が発揮できなくなっています。

そのまま使用を続けると、ドアで思わぬケガをする可能性がありますので、
新しいドアクローザにお取り替えください。
お取り替えは、工務店や建具店などの施工業者様にご依頼ください。


※図は面付ドアローザです。