RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品


ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > ドアクローザ > 取替用ドアクローザ > チェックポイント

このページを印刷する

お客様サポート<ドアクローザ>

< 前に戻る

対応チェックポイント

現在お使いのドアクローザの取り付け穴の位置が、 お取り替えできる範囲内であれば、当社の商品だけでなく、 ドアクローザのメーカーを問わずお取り替えすることができます。
下記の対応チェックポイントを確認してください。

取り替え前に、まずは機種を確認!

取り替え前に、次の点をチェック!

ドアクローザのタイプを確認!
ドアを押し開く側に取り付けるタイプ
(パラレル型)
ドアを押し開く側に取り付けるタイプ

Check2へ進んでください。
ドアを引き開く側に取り付けるタイプ
(スタンダード型)
ドアを引き開く側に取り付けるタイプ

こちらのカタログPDFをご覧ください。
<PDF 3.4MB>
ドアが適用範囲内か確認!
適応ドア表
機種名 ドア材 ドア幅(mm) ドア重量(kg)
S-202P 木製ドア、アルミドア
(主に戸建て住宅)
900以下 45以下
S-203P スチールドア
(主にオフィスビル)
900以下 65以下
ブラケットの形とネジ穴の位置を確認!

パラレル型取付けの場合、ドアの上枠形状により、上枠への取付金具(部品名:ブラケット)が異なります。

※図は、左勝手(開き)のドアの場合です。

一般的なブラケット
一般的なブラケット
段付きに曲がったブラケット
段付きブラケット

● 取り替えるドアクローザのブラケットが上図の場合は、標準付属のフリーアジャストブラケットが使用できます。

L型に曲がったブラケット
L型ブラケット

● 取り替えるドアクローザのブラケットが上図の場合は、別売のL型プレートをご使用ください。

L型プレート

次に今ついているブラケットにあったネジ穴対応範囲(mm)を確認してください。

一般的・段付きに曲がったブラケット
L型に曲がったブラケット

ネジ穴対応範囲 印刷用PDF(190KB)はこちら

ドアクローザの取り外し方はこちら

取り付け手順をアニメーションでご覧になれます

ご注意

  • 穴位置が対応範囲外の場合はお取り替えできません。
  • 玄関・勝手口ドア用ですので室内ドア用とお取り替えされるとドアを開く力が重くなります。