RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品


ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > 引戸クローザ > 調整方法

このページを印刷する

お客様サポート < 引戸クローザ >

< 前に戻る

調整方法

速度の調整方法

引戸クローザの制動装置にある速度調整弁を回して調整します。
速度調整弁は、引戸クローザの種類などによって異なりますので、下記の図解でご確認のうえ調整を行ってください。



スライダーマン / 鋼製建具用 /
アルミ枠対応仕様


閉じ際約250mmの標準制動区間で、閉じる速度の調整が可能です。 レールを外さなくても、ラックの追加により制動区間を延長できます(PAT)。 ドアを数回開閉させ、制動確認をしてください。

SL-1, 1K, 2, 2K, 2A, 2Bタイプ

浴室ドア対応仕様
AQタイプ


閉じ際約250mmの標準制動区間で、閉じる速度の調整が可能です。 レールを外さなくても、ラックの追加により制動区間を延長できます(PAT)。 ドアを数回開閉させ、制動確認をしてください。

SL-2AQタイプ

重量鋼製ドア用 SL-2Hタイプ


戸先側の制動装置がほぼ全区間の閉じる速度を、戸尻側が閉じ際の速度を制御するため、 2段階で閉じる速度を調整できます。制動装置の速度調整弁をマイナスドライバーで調整してください。 ドアを数回開閉させ、制動確認をしてください。速度調整は2台とも行ってください。

SL-2Hタイプ

重量鋼製ドア用鋼製レール仕様 SL-2HGタイプ


全区間を安定した速度に制御します。制動装置の速度調整弁を、マイナスドライバーで調整してください。 ドアを数回開閉させ、制動確認をしてください。

SL-2HG120タイプ


SL-2HG160, 200, 250タイプ
速度調整区間は2台とも全区間になります。2台とも同程度の速度に調整してください。
(下図はSL-2HG250)

開閉力( トルク )調整方法

引戸クローザの制動装置にあるトルク調整弁を回して調整します。
トルク調整弁は、引戸クローザの種類などによって異なりますので、下記の図解でご確認のうえ調整を行ってください。



スライダーマン (SLS-2Kタイプ)


SL-2、2A、2B、AQタイプ


トルクアップ
歯車を反時計方向へ回してください。出荷時より+7回転( 9.5回転巻き込み )まで調整可能です。巻き込み過ぎは故障の原因になります。
トルクダウン
爪を小刻みに振ると、歯車が1歯づつ戻り、トルクダウンします。最小値が不明の場合は一旦0回転まで戻し、2.5回転巻き込んでください。

重量鋼製ドア用 SL-2Hタイプ


トルクアップ
歯車を反時計方向へ回してください。出荷時より+8回転( 9.5回転巻き込み )まで調整可能です。巻き込み過ぎは故障の原因になります。
トルクダウン
爪を小刻みに振ると、歯車が1歯づつ戻り、トルクダウンします。最小値が不明の場合は一旦0回転まで戻し、1.5回転巻き込んでください。

重量鋼製ドア用鋼製レール仕様 SL-2HGタイプ


トルクアップ
歯車を反時計方向へ回してください。出荷時より+8回転( 9.5回転巻き込み )まで調整可能です。巻き込み過ぎは故障の原因になります。

SL-2HG120タイプ


SL-2HG160、200、250タイプ
トルクダウン
爪を小刻みに振ると、歯車が1歯づつ戻り、トルクダウンします。最小値が不明の場合は一旦0回転まで戻し、1.5回転巻き込んでください。

SL-2HG120タイプ


SL-2HG160、200、250タイプ