RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
ダイカスト
ホーム > ダイカストトップ > リョービのダイカスト(製造工程)
このページを印刷する

リョービのダイカスト

< 前に戻る

製造工程(一貫体制)

金型の設計・製作から鋳造、加工、組立までの一貫体制

ダイカストとは、精密な金型に溶かしたアルミニウム合金などを、高速・高圧で注入し、瞬時に成形する技術および製品のことをいいます。 リョービは、金型の設計・製作から鋳造、加工、組立にいたる独自の一貫体制で、世界トップクラスの実力を誇っています。
1.金型設計
ダイカスト製品の製造は、金型の設計から始まります。 設計者、金型技術者、鋳造技術者などが一体となって金型を検討した後、コンピューターでスピーディーに設計が行われます。
2.金型製作
金型の設計図面にもとづき、最新鋭の工作機械と独自の技術で高精度の金型が製作されます。
3.鋳造
鋳造機に取り付けられた金型に、溶けた合金を高速・高圧で注入し、瞬時に成形します。
4.加工・組立
鋳造された製品は、お客様の要望により機械加工、表面処理、組立などが行われます。
5.品質検査
三次元測定器による製品寸法の測定、X線検査、強度テストなど、各工程で精密な品質検査が行われます。