RYOBI


アルミ鋳物、アルミダイカストのことなら

株式会社東京軽合金製作所
HOME ごあいさつ 会社概要 沿革 トピックス 技術・製品 採用情報 個人情報の取り扱い お問い合わせ

技術・製品

重力金型鋳造法(グラビティー)

精密な金型に溶かしたアルミニウム合金などを重力で流し込み、鋳物を成形する製法です。

特徴

中空や厚肉の鋳物の成形が可能で、熱処理や溶接もできます。
低圧鋳物法やダイカスト法よりも設備費が安くなります。
圧力をかけないため、他の鋳造法に比べ材料歩留まりが低いことが課題です。

一般的な重力金型鋳造法の構造

重力金型鋳造法の構造図
上下金型が閉まった状態で、 保持炉からアルミニウム溶湯をロボットで汲み上げ、金型に流し込みます。 溶湯の凝固が完了すると上金型が上昇し、製品が押し出されます。