公益財団法人 浦上奨学会 創造力と見識のある若者を育てたい

沿革

1970年3月

株式会社菱備製作所(現 リョービ株式会社)取締役社長(当時)浦上 豊の発意により、財団法人浦上育英会(現 公益財団法人浦上奨学会)を設立。

浦上 豊が理事長に就任し、奨学生事業を開始。

1972年7月

当会創設者で理事長の浦上 豊が死去。

新しい理事長に浦上 浩(現 リョービ株式会社 相談役)が就任。

1975年3月

広島県出身の研究者への研究助成事業を開始。

1993年3月

広島大学工学部と米国クレムソン大学工学部との交流事業の仲立ちを行い、資金援助を開始。(2001年10月終了)

1996年5月

財団法人浦上奨学会に名称変更。

1997年6月

アジアからの留学生支援事業を開始。

1999年3月

アジアの学生支援事業を開始。

2005年11月

小学校5・6年生を対象とした「ものづくり塾」を開始。

2006年10月

教育関係寄付事業の開始。

(広島県府中市立図書館へ図書を寄贈)

2011年5月

東日本大震災により就学・修学が困難になった大学生を支援するため特別奨学金制度を新設。(2020年度までの10年間で計40名に給付)

2012年4月

公益財団法人へ移行。