商品紹介

周辺機器

稼働状況や機械状態の見える化と分析を支援
プレスインフォメーションクラウド

プレスインフォメーションクラウドは、IoT技術により印刷工程の「見える化」を実現し、印刷会社の生産性向上をサポートするマネジメントツールです。工場内の印刷機をネットワークでつなぎ、印刷機の稼働状況をプレスインフォメーションクラウドに集約、一元管理・分析することで、印刷工程における改善指標を明確化させることができます。 また、エラー情報履歴により、トラブル要因の追跡も可能です。プレスインフォメーションクラウドは、印刷プロセスにおける、「見える化」と「最適化」を強力に支援します。

プレスインフォメーションクラウド.jpg

プレスインフォメーションクラウドの特長

生産情報表示
生産情報表示

稼働状況グラフ
稼働状況グラフ

お客様の印刷機とプレスインフォメーションクラウドを接続することで、以下のサービスをお客様にご提供します。

印刷機の見える化とトレーサビリティ管理

  1. 印刷機の稼働状況の表示
  2. 損紙情報、A能率、C能率、日報などの生産情報表示
  3. 印刷機の消耗品交換日、清掃・給油などのメンテナンスの履歴表示 消耗品交換時期やメンテナンス時期の自動通知
  4. 印刷機のエラー情報の履歴表示

RMGTからの展示会情報などの提供

高精度インラインカメラで安心、安全の品質管理を実現するPQS-D

PQS-Dは印刷機上のCCDカメラで印刷中の用紙を撮像、用紙を抜き取らずにインラインで印刷物の品質管理を行う装置です。不良紙流出を防止し、品質保証体制をさらに強化するとともに、印刷作業の自動化を支援します。PQS-Dは「品質検査機能」を基本として、お客様の用途に合わせて「濃度追従機能」、「自動見当合わせ機能」の各機能を拡張させることができます。1台で3つの機能を使える多機能検査システムです。

PQS-D品質管理のワークフロー

PQS-D品質管理のワークフロー
※1品質検査において損紙の選別を行うためには、オプションのインクジェットナンバリング装置、またはテープインサーターが必要です。RMGT 10では2連デリバリー仕様もご選択いただけます。
※2インキ濃度のトレンドグラフの表示には、オプションのプレスインフォメーションディスプレイが必要です。
※3目標濃度のOKシート作成には、オプションの印刷濃度管理システムPDS-E SpectroDrive、PDS-E SpectroJet、MCCS-e(RMGT 10)のいずれかと、インキ量算出ソフトPPC Server IIIまたは Ink Volume Setterが必要です。
※4PQS-Dデジタル画像ファイリングシステムには別途パソコンが必要です。

このページの先頭へ