環境保全への取り組み

… 地球環境への配慮、持続可能な社会の実現 …

地球環境の保護がますます重要視される中、リョービグループでは、事業活動を通じて発生する環境負荷を低減し環境を保護することは、重要な経営課題の一つと考えています。

リョービグループではISO14001の認証を取得して、環境に関するマネジメントシステムを構築し、維持・運用しています。リョービグループ環境方針のもと、各社・各拠点の環境保全委員会で環境への影響をふまえて環境目標を設定し、省エネルギー、省資源、廃棄物の削減、温室効果ガスの削減などに取り組んでいます。

リョービグループ環境方針

リョービグループは、経営環境を取り巻く様々なリスクの回避・低減を図り、事業活動から生じる環境負荷を低減するための取り組みを推進し、持続可能な社会の実現に貢献します。

  1. リスク・環境負荷を低減します。
    (1) 業務プロセスで生じるリスクの特定・回避・低減に取り組みます。
    (2) 製品のライフサイクルの各段階で生じる環境負荷の特定・低減、環境汚染の予防に取り組みます。
    (3) 省エネルギー・省資源に取り組みます。
    (4) CO2排出量の削減に取り組みます。
    (5) 産業廃棄物の減量化・再資源化に取り組みます。
  2. 環境に関する法令・条例・協定および利害関係者からの要求事項を順守します。
  3. 全構成員に対し、環境に関する教育や啓蒙活動を通じて、環境改善に取り組む意識の向上を図ります。
  4. 環境保全活動を通じて、地域社会に貢献します。
  5. 上記1~4を達成するために、環境目標を設定し、施策を実行して、その結果に基づく見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
  6. この環境方針は、全構成員に周知させるとともに、社外にも公開します。

リョービグループの環境負担低減目標

CO2排出量の削減

  • 2020年12月までにCO2排出量生産高原単位を2013年度比で、13%削減する。
  • CO2排出量生産高原単位を前年度比1%削減する。

廃棄物の削減

  • 2020年12月までにリサイクル率を99%以上にする。

リョービ環境保全委員会

リョービグループは、事業活動に伴う環境負荷を低減する、地域社会の発展に貢献するという観点から、1990年に「リョービ環境保全委員会」を設置しました。同委員会を中心に省エネルギー、省資源、廃棄物の削減、温室効果ガスの削減などに取り組んでいます。

また、社会貢献活動の一環として、アルミ缶回収運動や芦田川クリーン作戦などを推進しています。なお、アルミ缶を売却して得た収益金は「NPO法人リョービ社会貢献基金」 に寄付しています。

環境保全技術

リョービは「くらしごこち」をテーマに、くらしの中にゆとりと豊かさを創造する "ものづくり"に取り組んでいます。

環境負荷低減に向けて、環境に直接的に影響を与える「大気汚染、水質汚濁、 温室効果ガスの排出」などの低減だけでなく、「開発・設計」「製造」「流通」などの 各段階においても環境に配慮した取り組みを進めています。

Page Top