配当

利益配分に関する基本方針

リョービは収益力の向上、企業体質の強化をはかりながら、業績に応じた安定した配当を継続することを基本にしています。 内部留保資金につきましては、経営環境の変化に対応した生産・販売体制の強化、成長のための設備投資、新技術・新商品の開発、合理化などに活用し、中長期的な競争力強化と収益力の向上をはかっています。

2018年3月期の配当について

2018年3月期の配当につきましては、2017年10月1日を効力発生日とする株式併合(普通株式5株を1株に併合)を実施する予定であることから、中間配当金は1株当たり5円、期末配当金は1株当たり25円(株式併合を考慮しない場合は1株当たり5円)を予定しています。

単元株式数の変更、株式併合及び定款一部変更に関するお知らせ

配当金の推移

(単位:円)

決算期 1株当たり配当金
中間 期末 年間
2017年3月期(第105期) 5.00 5.00 10.00
2016年3月期(第104期) 4.00 5.00 9.00
2015年3月期(第103期) 4.00 4.00 8.00
2014年3月期(第102期) 3.00 4.00 7.00
2013年3月期(第101期) 3.00 3.00 6.00
2012年3月期(第100期) - 6.00 6.00
2011年3月期(第99期) - 6.00 6.00
2010年3月期(第98期) - - -
2009年3月期(第97期) 6.00 - 6.00
2008年3月期(第96期) 6.00 6.00 12.00
Page Top