RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品


ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > ドアクローザ > 機能

このページを印刷する

お客様サポート < ドアクローザ >

< 前に戻る

ドアクローザの主な機能

リョービのドアクローザの主な機能を紹介します。
※商品の種類によって、採用されている機能は異なります。

速度調整機能

バックチェック機能

ディレードアクション機能

ストップ機能

開閉力 (トルク) 調整機能


速度調整機能

ドアの閉じる速度を調整する機能です。2段階の速度区間があります。

第1速度、第2速度をそれぞれ個別の速度調整弁を操作することによって、任意のスピードに調整することができます。

ドアを90°開いた状態から閉じるまでの時間は、5〜8秒が適正です。

第1速度区間
全体的なドアの閉じる速度をコントロールする区間です。

第2速度区間
ドアを枠に納めるスピードをコントロールする区間です。
第1速度よりやや遅く設定してください。

ラッチングアクション
ドアが閉鎖位置手前(約2°)まできた時点で、閉じ速度を増し、ドアを強く素早く閉める機能です。
ラッチが固くて閉じきらない時や、エアタイトドアや電気錠付ドアなどに効果的で、より確実にドアを閉めることができます。
不要の場合は調整弁を締め込んで、全閉状態にしてください。(工場出荷時は全閉にしています。)
ラッチングアクションは第2速度より遅くなりません。
※一部機種では、オプションとなります。


バックチェック機能 ( オプション )

強風などにより、急激にドアが開いてしまうことを防ぐ機能です。
高層階や強い風が吹く場所に適しています。
ドアが強風や乱暴な扱いで急激に開くことにより発生する、人身事故やドアの損傷を未然に防ぎます。
作動時にはドアが重くなりますが、故障ではありません。ゆっくりと押せば、ドアは開きます。
バックチェック機能付のドアクローザを取り付ける場合は、吊金具や取付用ウラ板を充分に補強してください。
1番サイズ(90°制限を除く)のドアクローザには、バックチェック機能付はありません。
※1番サイズ:
 ドア寸法 幅800×高さ1,800mm、
 ドア重量 15〜30kg


ディレードアクション機能 ( オプション )

ドアの閉じ始めのスピードを制御する機能です。
ドア全開角度より約70°までの区間速度制御が得られ、ドアをゆっくりと閉じることができます。
車椅子での通行や荷物の搬入時などに便利な機能です。


ストップ機能

ドアを開いた状態に保つ機能です。
ドアをストップ角度まで開くと、ストップ装置が働いて、ドアを開いたままにできます。
ストップ装置には「外装式」と「内装式」があります。
詳しくは「ストップ装置の種類と調整方法」をご覧ください。


開閉力 (トルク) 調整機能 ( オプション )

ドアのサイズ、重さ、環境に応じた開閉力を得られる機能です。
詳しくは「開閉力 (トルク) 調整方法」をご覧ください。