RYOBI


サイト内検索     サイトマップ

ホーム会社案内株主・投資家のみなさまへ
建築用品
ホーム > 建築用品トップ > お客様サポート > ドアクローザ > 調整方法
このページを印刷する

お客様サポート < ドアクローザ >

< 前に戻る

調整方法

速度の調整方法

( 速度調整 )

1. かたちの選択 2. 取付方式の選択 3. シリーズの選択
4. 調整方法
 玄関・勝手口用
 ドアマン S-102P 旧品
速度調整弁
1個
パラレル型

ドアの閉じる速度には、速度区間があります。
詳しくは「ドアクローザの速度調整機能」をご覧ください。


ご注意

速度を調整する際は、ドライバーの先端を速度調整弁の溝に確実に合わせて弁を回さないと、溝を破損する恐れがあります。
速度調整弁は本体から突き出さないように注意してください。本体から突き出すと弁が抜けて、油がモレます。

左開き(左勝手)
ドアが反時計回りで開きます。ドアを押す側に立つと、蝶番が左側にあります。
第1速度、第2速度
一つの速度調整弁で、第1速度と第2速度の調整を行います。 次の手順で調整してください。

1. 第1速度の調整
最適な第1速度が得られた位置で、調整弁を止めてください。
本体カバーを外した右側面

2. 第2速度の調整
第1速度の調整後、調整弁を90°以内の範囲で回転させて第2速度を調整してください。 第2速度は、調整弁の溝を垂直方向に回すと速くなり、水平方向に回すと遅くなります。

ご注意
調整弁の溝は、垂直位置または水平位置で止めないでください。
( 垂直位置の場合 )
ドアの閉じる速度が極端に速くなり、危険です。
( 水平位置の場合 )
ドアの閉じる速度が極端に遅くなり、閉じるまでに時間がかかります。
右開き(右勝手)
ドアが時計回りで開きます。ドアを押す側に立つと、蝶番が右側にあります。
第1速度、第2速度
一つの速度調整弁で、第1速度と第2速度の調整を行います。 次の手順で調整してください。

1. 第1速度の調整
最適な第1速度が得られた位置で、調整弁を止めてください。
本体カバーを外した左側面

2. 第2速度の調整
第1速度の調整後、調整弁を90°以内の範囲で回転させて第2速度を調整してください。 第2速度は、調整弁の溝を垂直方向に回すと速くなり、水平方向に回すと遅くなります。

ご注意
調整弁の溝は、垂直位置または水平位置で止めないでください。
( 垂直位置の場合 )
ドアの閉じる速度が極端に速くなり、危険です。
( 水平位置の場合 )
ドアの閉じる速度が極端に遅くなり、閉じるまでに時間がかかります。