環境データ

マテリアルバランス

環境パフォーマンスデータ

CO2削減への取り組み

さまざまな省エネルギー施策を実施し、CO2排出量生産高原単位を削減

リョービグループでは、「2021年12月までにCO2排出量生産高原単位を2013年度比で13%削減する」「CO2排出量生産高原単位を前年度比1%削減する」という2つの目標を掲げ取り組んでいます。

2020年度のCO2排出量生産高原単位は、2013年度比93.0%(7.0%の削減)、前年度比105.1%(5.1%の増加)となりました。

アルミ溶解炉の燃料転換、加工機械付帯設備の改善、鋳造機保持炉の放熱防止、コンプレッサーの効率的な利用およびエアー漏れ改善など、さまざまな省エネルギー施策を実施することで原単位の改善に努めています。

廃棄物への取り組み

埋め立て処理が必要な廃棄物の排出量を削減

2020年度の国内の廃棄物排出量は6,092tとなりました。

廃棄物の分別の徹底により埋め立て処理される廃棄物の排出量を減らすことで、リサイクル率は99.2%、最終処分率は1.5%となりました。

水資源の効率利用への取り組み

水使用量の削減の取り組みを継続

2020年度の国内の水使用量は、約1,152千m3となりました。

工業用水の循環利用や流量計確認による漏水への早期処置対応など、使用量を適切に管理することで使用量の削減に取り組んでいます。

物流関連への取り組み

効率的な物流システムの構築を推進

エネルギー使用の合理化を目的とし、貨物輸送に関するエネルギー(燃料)の使用量の削減、効率的な物流システム構築を進めています。

2020年度の国内の貨物輸送に関するエネルギーの使用量は、原油換算値で3,031klとなりました。また、1tの貨物を1km運搬するのに要する原油量(原単位)は、26.4%減少しました。

出荷拠点の見直しによる輸送距離の短縮、荷姿の見直しによる積載効率の向上、無駄な倉庫間の移動の削減などにより、輸送の効率化に取り組んでいます。

有害物質への取り組み

有害物質の大気中への排出量を削減

2020年度の国内のPRTR法対象化学物質の取扱量は19.7t、大気中への排出量は4.7tとなりました。

取扱量は、2020年度よりA重油に含まれるメチルナフタレンを集計したことにより、2019年度に比べ11.2t増加しました。

このページの印刷はこちらのPDF<4.4MB>をご利用ください。


環境データ集一覧(2006年~)

Page Top