社会貢献活動

… 地域社会との共存。真に豊かな社会の実現をめざして …

リョービグループは、真に豊かな社会の実現をめざして、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。

社会貢献活動

アルミ缶回収運動

本社(広島県府中市)をはじめ各地の事業所では、社員が自宅などからアルミ缶を持ち寄り、 アルミ再生業者に販売した収益金を「NPO法人リョービ社会貢献基金」へ寄付しています。

事業所周辺の清掃活動

本社近辺の事業所では、1990年から全社員に呼びかけて毎年1回、近隣の公園などの清掃を行っています。また、他の事業所でも、周辺の道路清掃などを定期的に実施しています。

献血

日本赤十字社からの依頼で社員に呼びかけ、事業所構内で献血車による献血を積極的に行っています。

校外学習・工場見学会

広島県府中市にある本社では、近隣の小中高校生の校外学習の場として、ダイカストや印刷機器の工場見学を受け入れています。夏季には一般の方向けの工場見学会などを開催しています。

地域の皆さんに当社を知っていただく良い機会となっています。

地域イベントへの参加

地域活性化に貢献したいとの思いから、さまざまな行事へ積極的に参加しています。

府中市で夏に開催される「備後国府まつり」には、大勢の社員がパレードに参加しています。

府中市でクリスマスシーズンに開催される「府中まちなかにぎわいライトアップ」では、イルミネーションを展示しています。

府中市で2年に一度開催される「府中産業博」では、リョービの各事業の紹介やものづくり体験などを行っています。

NPO法人リョービ社会貢献基金の活動

「特定非営利活動法人(NPO法人)リョービ社会貢献基金」では、社会福祉法人やNPO法人、ボランティアグループなどに、物品の寄贈、活動資金の助成、ボランティアの派遣などを行っています。地震などの災害の被災地・被災者への支援などの実績もあります。

公益財団法人 浦上奨学会

リョービ株式会社の創業者・浦上 豊の私財によって1970年に設立されました。 将来性豊かな学生の支援、大学や研究者への研究助成などを行っています。 

詳しい活動内容は、浦上奨学会ホームページをご覧ください。

Page Top