安全を高めるために

リョービグループでは「安全文化」の定着を目指し、継続的な取り組みを行っています。

2020年12月期 安全衛生推進活動

スローガン

ともに高めよう!危険の感度と安全意識
ともに進めよう!心とからだの健康づくり

基本方針

全員が安全を最優先する「安全文化」の定着と心とからだの健康管理により、安全で健全な職場をつくる。

※「安全文化」とは、組織と個人が安全を最優先し、ルールを遵守する気風や気質を育てていくこと。

実施内容

  1. 安全評価表の評価結果に基づき各事業所で目標を設定。
    安全衛生推進計画表に沿って実施する。
    • 全社員による安全衛生パトロール
    • ヒヤリハットの活用による災害の未然防止
    • 作業環境の改善
    • 転倒、転落災害防止
    • 生活習慣の改善(食事、運動、睡眠、休養) など
  2. 作業分析マップを作成し、網羅的なリスクアセスメントを実施する。
危険予知訓練
健康セミナー
Page Top